便潜血陽性といわれたのですが?

簡単に言えば便に血液がごく微量付着しているという意味です。大腸を通って便は排泄されますので、たとえば大腸に出血しやすい病変、大腸がんや大腸炎、大腸ポリープあるいは痔核などがあるときに、便潜血陽性といわれることもありますし、また人間の体はどこにでも血流がある分、特に何も異常がなくても便潜血陽性になることもあるわけです。ただし重要なのはあなた自身の体の中に病変があるかないかは、検査をしてみないとまったくわからないことになります。大腸がんは近年増加してきている病気です。健診そのものは病気を見つけるきっかけに過ぎません。症状がなくてもこの検査で陽性になったら大腸カメラか注腸X線検査(お尻からバリウムを腸内に注いでレントゲン写真を撮っていく検査)をして下さい。