尿潜血といわれたのですが?

尿定性検査という簡易検査で尿潜血反応が陽性となったものと思われます。前述の尿蛋白も同時に陽性となるときには、やはり腎炎かどうかの検査が重要になります。また、尿潜血反応単独で陽性の時には、再度尿の中に実際にどれくらいの赤血球が含まれるかを顕微鏡でみる、尿沈査検査をする為に、もう一度尿検査をすることになります。かなりの量の赤血球がでているとき、また尿沈査の中に悪い細胞を疑うときには尿管や膀胱の癌の可能性もあります。こちらもやはりまったくの健康体で異常ないときにも尿にだけ血球が混ざる人も少なからずいます。